双子座新月のテーマは見いだし・表現し・歩みだす2018.6.14

photo byIan Richardson
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月14日は双子座の新月です。

今回の新月にはどんな意味があるのでしょうか。

この新月のテーマについて見てみましょう。

2018年6月14日 双子座新月 ホロスコープ

この新月は

  • 流行やニュースを積極的に取り入れ、変化を肯定していく
  • 生涯のテーマと向き合い、振り返り、再スタートする
  • 自分の才能を見いだし、それを外に向けて発信できる

そんなタイミングになっていきそうです。

 

双子座は風を読み、流れに乗る

三日月の記号で表される月は、双子座に入ります。

 

月は感受性やインスピレーション、繊細な感覚をあらわします。

個人的な興味や、隠された能力を示すこともあります。

 

双子座は、頭の回転が速く、表現力があります。

新しい情報をいち早く集めたり、コミュニケーション能力が高く表現力があったりします。

じっくりと話し込むと言うよりも、軽やかに雑談を交わすイメージ。

知識においても、今必要なこと、知りたいことをすぐインターネットで検索するような感じです。

風を読み、流れに乗るように、素早く変化を取り込んでいくのが双子座のテーマです。

 

双子座は二面性があると言われることが多く、気持ちが変わりやすい一面もあります。

月が双子座にあるということは、感受性が高く情報アンテナが高い状態です。なので、様々な情報を得てインスピレーションが沸く一方、情報によって気持ちが揺さぶられることもありそうです。

 

また、双子座の支配星は水星なので、

旅行にツキがあったり、商才に恵まれる場面もあるでしょう。

嬉しい知らせが届くこともあるかもしれません。

 

 

1ハウスはスタート地点、あなた自身を表す

 

そんな双子座の月は、1ハウスにあります。

1ハウスはあなた自身、生涯のテーマ、そしてスタート地点をあらわします。

生まれつきの性質や、立ち戻っていく場所。

人生のテーマ、一生涯を通じてクリアしていく課題というイメージです。

 

新月という、月の満ちていくスタート地点が、1ハウスという振り出しの場所に入っています。

普通の新月よりも、「スタート」としての意味合いが強くなります。

特に太陽と月が1ハウスの線上である、アセンダントにあります。

ここは、ホロスコープのスタート地点。ますます「ここから始まる」星回りです。

 

 

太陽と月、水星が重なり才能が花開く

太陽とお月様がぴったり重なる合の状態です。さらに水星も合です。

新月は、地球の影に月がすっぽり隠れている状態です。

太陽、月、地球とまっすぐ並んでいマスので、新月の時は必ずホロスコープ上で太陽と月が合になります。

 

月と水星が重なると、とても相性が良く、良い意味を強めます。

才能が活性化され、それを外に表す表現力も強まっていきます。

 

この新月には、

新しい情報の中から、自分の進む道を見いだし

それを自然な形でアウトプットしていけそうです。

その流れの中で、新しい一歩を勇敢に踏み出していけるでしょう。

 

 

spiricoでは毎日の占いを更新中。こちらもぜひご覧ください。

 

 

2018年のボイドタイム・月の満ち欠けカレンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*