火星が逆行 退路を塞ぎ狭い道を行けば活路も 2018.6.27

unsplash-logoHubert Neufeld
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火星が水瓶座で逆行を始めます。

逆行は、2018年8月28日まで続きます。

逆行中の8月13日に、火星は山羊座へと後戻りします。

2018年6月27日 火星逆行

エネルギーの消耗、方向を見失わないよう気をつけて

水瓶座の火星は、水瓶座の科学的な性質に火が付いて、ときに理屈っぽく、言い切り型にもなりやすい組み合わせです。

火星が逆行すると、火星の持つエネルギー、活力、行動力がスムーズに発揮されず、

エネルギーを使いすぎて消耗したり、

逆に、感情のやり場がわからず爆発しそうになったり、

いつのまにか計画と違う方向へ全速力ですすんでいたり。

そんなことが、普段より起こりやすいかもしれません。

狭い1点にこだわっていくことで活路がみえる

逆行は8ハウスで起こります。

8ハウスは強い結びつき、狭い関係性の中において何かを見いだすようなイメージがあります。

火星の逆行と合わさって、いつもより閉塞感を感じる人もいるかもしれません。

しかし、なにか1つの事を、トコトン突き詰めるには、この時期はむしろ良い時期とも読めるのではないでしょうか。

オタク的にこだわっていきたいことをたった一つ決めて、逆行の間、それにしがみついていくのも、

大きな成果を上げられそうです。

軸足を常に振り返ることでエネルギーを有効に使おう

火星は木星と不調和の角度をとります。

これも、火星のエネルギーを木星が増幅させていますが、

それが無駄な動きとなって体力の消耗を招いたり、せっかくのチャンスをスルーしたり。という状況もよびこみやすい配置です。

いつでも、軸足を確認出来るような体制があると良いでしょう。

spiricoでは毎日の占いを更新中。こちらもぜひご覧ください。

2018年のボイドタイム・月の満ち欠けカレンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*