山羊座満月のテーマは見直し、そぎ落とし、行動する 2018.6.28

Esaias Tan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月28日13:53から山羊座満月です。

 

今回の満月にはどんな意味があるのでしょうか。

どんなことをテーマにしていくのか見てみましょう。

 

これが山羊座満月のホロスコープです。

2018年6月28日 山羊座満月 ホロスコープ

この満月は

  • 自分軸に沿って、要らないものを排除し、計画を見直す
  • 心と向き合い、自分だけの解決策を見いだしていく
  • 自分の知識を信じて、計画し、実行を始める

そんなタイミングになっていきそうです。

 

山羊座は足下を見つめ確実に進んでいく

月は山羊座にいます。

 

月は感受性やインスピレーション、繊細な感覚をあらわします。

個人的な興味や、隠された能力を示すこともあります。

 

山羊座は、管理能力に長けたしっかりもの。どっしりとした安定感があります。

無駄のない計画を立てて、それを実行する持続力もあります。

自分の思う成功に向かって、コツコツと実績を積み上げていけるような星座です。

無駄なものをきちんと見極め、断捨離が出来るような星回りでもあります。

 

自分の信念に向かってしっかりと歩んでいくのが山羊座のテーマです。

 

月が山羊座にあるということは、冷静に目標を見つめ直していけるとき。

金銭的、物質的成功への道筋を立てるのにもよいタイミングです。

 

3ハウスは知識欲をのびのびと発揮する

山羊座の満月は、3ハウスにあります。

3ハウスは興味、知識、コミュニケーションをあらわします。

学んだり、書いたり、しゃべったり、そういった知的な刺激を求める場所です。

ちょっとした旅行や短距離の移動を意味することもあります。

 

内向きのエネルギーを有効活用する

月は土星と重なる、合の位置をとります。

山羊座は土星の本来の位置、実家のような場所なので、土星の意味が強まっています。

野心と、それを実現させるしっかりした計画性、

失敗を防ぐための用心深さ、利益に対してシビアになる傾向があります。

そんな土星と月が重なっていることで、内向きのエネルギーが強まるような配置です。

気持ちを上手く外に表現出来ないと感じる場面があるかもしれません。

逆に言うと、自分の心の内をじっくりと見つめるチャンスであるかもしれません。

 

ユニークなやり方で目標を達成する

更に、月は天王星と良い角度をとります。

ユニークなやり方で問題を解決出来そうです。

変化をあえて呼び込むことで開運になるかもしれません。

 

spiricoでは毎日の占いを更新中。こちらもぜひご覧ください。

 

 

2018年のボイドタイム・月の満ち欠けカレンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*