獅子座新月はコミュニケーションで能力が高まる 2018.8.11

photo byIan Richardson
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年8月11日は獅子座の新月です。

今回の新月にはどんな意味があるのでしょうか。

この新月のテーマについて見てみましょう。

この新月は

  • 自分を大きく見せすぎず、自然体を意識する
  • あえて引き立て役に回って、裏方の良さを再確認する
  • コミュニケーションによって、ものごとを円滑にすすめる

そんなタイミングになっていきそうです。

 

自尊心が強く、自分を大きく見せがちなとき

三日月の記号で表される月は、獅子座にいます。

 

月は感受性やインスピレーション、繊細な感覚をあらわします。

個人的な興味や、隠された能力を示すこともあります。

 

獅子座は太陽は活力と名声、強い意思や勇気、明るく健康でカリスマ性がある。そんな雰囲気の星です。

獅子座も誇り高く勇敢な星座です。実は繊細だからこそ、バイタリティがあるという側面も。

 

月が獅子座に入ることで、獅子座の繊細な部分が強調されます。

人からの評価が気になったり、自分を大きく見せようとしがちですが、

目標に向かって、大きく前進出来るバイタリティのあふれる時期でもあります。

 

6ハウスは自ら動くことで幸運を掴む

獅子座の新月は、6ハウスにあります。

6ハウスは健康管理や奉仕の精神をあらわします。

指示を出す側よりも、自分から動く側にまわれば、あなたも、周りのみんなも輝ける星回りです。

女性向け、子ども向けのサービスにラッキーな星回りです。

 

太陽と月と水星

太陽と月が重なっているところに、水星もぴったりと寄り添っています。

とても頭の回転が速くなり、表現能力も豊かになります。

たとえば文章を書いたり、意見をまとめたりすることや、外国語を勉強することに良い時期です。

 

コミュニケーション能力によって、周りのみんなをまとめていけるでしょうし、

その行動から、周りに高く評価されるでしょう。

結果として、獅子座らしい活躍が期待できそうです。

 

spiricoでは毎日の占いを更新中。こちらもぜひご覧ください。

 

 

2018年のボイドタイム・月の満ち欠けカレンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*