土星が順行へ 気持ちの暴走を防ぎ気持ちに風穴を2018.9.6 

unsplash-logoAmanda Mocci
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月6日、土星が順行に戻ります。

このタイミングは

  • 目標へのやる気が高まり努力を重ねられる
  • 興味をトコトン究明できる
  • 目標を見失い、気持ちの高まりを重視しないように注意

という時期です。

 

土星の意味合いが高まり、野心が強まる

土星は、堅実で責任感が強く、真面目にルールを守る努力家の意味合いがあります。

山羊座は、管理能力に長けたしっかりもの。どっしりとした安定感があります。

無駄のない計画を立てて、それを実行する持続力もあります。

自分の思う成功に向かって、コツコツと実績を積み上げていけるような星座です。

土星は山羊座の主星ですので、土星の意味合いが一番強く表現されます。

上昇志向が強まって、目標に向かって努力できるでしょう。

 

興味や疑問をとことん究明できる

また、土星のいる9ハウスは精神的な意味合いが強く、哲学的な意味合いもあります。

土星が9ハウスに入ると、ひとつのことをじっくりと探求できます。

伝統的なことや、疑問に思うことをとことん突き詰めていけるでしょう。

 

行動していること自体に意味を見いだしやすい

さらに水星は土星と天王星で正三角形を形づくっています。これをグランド・トラインといいます。

その上に天秤座の金星が小さな三角形を形づくります。

安定感が停滞感のように感じるとき、頼りにするのは自分の考える美しさや理想です。

それをやることで理想の自分に近づけるのかどうか?を考えてみましょう。

 

また、天王星、月、金星、水星が正四角形を形づくります。

これを「グランドクラス」と言います。

それぞれ、牡牛座、蟹座、天秤座、山羊座で起こります。

牡牛座以外は活動宮という区分に入りますので、気持ちの高揚感を重視します。

取り組んでいることの成果が出るかどうかというよりも、行動している自分に熱くなって脱線しやすいイメージです。行動の目的を振り返る癖を付けると良いでしょう。

 

spiricoでは毎日の占いを更新中。こちらもぜひご覧ください。

 

 

2018年のボイドタイム・月の満ち欠けカレンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*