火星が水瓶座へ 火星の勢いで風穴を開ける2018.9.11 

unsplash-logoHubert Neufeld
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年9月11日火星が水瓶座へ移動します。 このタイミングは
  • ユニークな自分の考えを尊重できる
  • 知識欲によって状況突破できる
  • 安定や停滞を火星のエネルギーで打開する
という時期です。  

自分らしく判断し、自分の意見を大切にする

火星は勇気やエネルギー、勝負やリーダーシップを表現します。 水瓶座は、独創的なので、ガチガチのルールに縛られるのを嫌い、自由を尊重します。 勝手気ままで、みんなの目標とする名誉などよりも、自分のユニークさを信じています。 水瓶座にいる火星は、勇気にあふれ、固定概念を鵜呑みにせず、古い価値観を新しくしようと積極的に動ける。そんな配置です。  

知識を吸収して障害を突破する

火星は3ハウスにいます。 3ハウスは日常的に役に立つ知識やスキル、身の回りの環境とかかわっていくことに関係しています。 3ハウスの火星は知識欲旺盛です。自分なりの考えを持ち、知識を使って状況を切り抜けられます。 一方で、自分の考え以外のことをなかなか受け入れられず喧嘩になることも。人の話をしっかり聞いて、良いところを取り入れるように心がけると良いでしょう。  

火星の勢いを使えば状況を打破できる

火星は、金星と天王星で直角二等辺三角形を作っています。これをTスクエアといいます。 それぞれ、水瓶座、蠍座、牡牛座にあります。すべて不動宮といわれるグループの仲間です。 不動宮は、名前の通り動きが少なく安定感のある性質があります。   天王星のある6ハウス、金星のある12ハウスはそれぞれ、抑制や障害を表現するので、さらに動きが制限される動きがありそうです。 火星のある3ハウスは好奇心のハウス。 知識欲を働かせることにより、状況のマンネリや古い価値観による停滞を打ち破るヒントになりそうです。   spiricoでは毎日の占いを更新中。こちらもぜひご覧ください。    
2018年のボイドタイム・月の満ち欠けカレンダー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*