牡牛座満月は感じることで気づきを得る 2018.10.25

Esaias Tan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月25日 牡牛座満月です。

 

今回の満月にはどんな意味があるのでしょうか。

どんなテーマがあるのかホロスコープから見てみましょう。

この満月は

  • 五感で心地よいモノを感じることでリラックスする
  • 精神的な高まりについて学びを得る
  • 裏付けのチェックがさらなる飛躍を呼ぶ

そんなタイミングになっていきそうです。

 

美しいモノや気持ちいいモノを味わう

月は牡牛座にいます。

 

月は感受性やインスピレーション、繊細な感覚をあらわします。

個人的な興味や、隠された能力を示すこともあります。

 

月は牡牛座と相性がよいとされています。相性が良いと、月のパワーが強まります。

牡牛座は、今あるものを五感で感じる。という意味合いがあります。

食事をゆっくりと味わったり、良い匂いを楽しんだり。

触り心地の良いものを触ったり、絵画鑑賞、音楽鑑賞にも結びつきます。

月と一緒で、感受性をテーマにしている部分がありそうですね。

五感を使うことで、今いる場所と調和していくのが牡牛座のテーマです。

 

牡牛座はゆっくりさんなので、自分のペースで、じっくりと物事を理解するようです。

月が牡牛座にあるということは、粘り強く真実を求めたり、納得いくまで何かを繰り返し「触ってみる」時期のようです。

 

また、牡牛座の支配星は金星なので、

美しいもの、価値のあるものに魅力を感じる場面もあるでしょう。

お金を貯めるのも上手ですね。

 

心のあり方を真剣に考えられるとき

牡牛座の満月は、9ハウスにあります。

9ハウスは高度な知識や精神的なことに対する探求を意味します。

海外や長期の旅行という意味合いもあります。

月が9ハウスに入ると、精神世界に対して強い興味が湧き上がりそう。

スピリチュアルについて専門的に学んでみたり、海外旅行をするのにも良い時期です。

 

情報の選択が成功の要

月は水星と向き合うような位置にあります。

これは、情報への意欲が高く、様々な知識を取り入れるために、

かえって不確定な「怪しい」情報も紛れ込んでくることを示唆していそうです。

自分に都合の良い情報を猛進するのではなく、

あえて不都合な事実を見つめる冷静さも必要でしょう。

 

 

星の予報を味方につけて、充実した毎日をお過ごしください。

 

spiricoでは毎日の占いを更新中。こちらもぜひご覧ください。

 

 

2018年のボイドタイム・月の満ち欠けカレンダー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*