蠍座新月は本当に大切な人と深い心の交流ができる2018.11.8 

unsplash-logoOctavian Rosca
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月8日、蠍座の新月です。

今回の新月にはどんな意味があるのでしょうか。

この新月のテーマについて見てみましょう。

この時期は

  • 大切な人に本当の気持ちを表現できる
  • 知的な刺激や言葉のコミュニケーションに充実を感じられる
  • 深い愛情を大切な人に注げる

そんなタイミングになっていきそうです。

 

大切な人に情熱を伝えられる

三日月の記号で表される月は、蠍座にいます。

 

月は感受性やインスピレーション、繊細な感覚をあらわします。

個人的な興味や、隠された能力を示すこともあります。

 

蠍座はマニアックに興味を突き詰めていける星座です。

物事の本質や、人の心の裏側を見通したりします。

情熱が内にこもっているので、無口でおとなしいように見えて、実は体力も気力も十分。

きちんと自分らしさを持って、好きなことを大切にできる星座です。

 

月が蠍座に入ることで、心を許せる人たちとの深い心の交流があるでしょう。

 

知的刺激に積極的になれるとき

蠍座の新月は、3ハウスにあります。

3ハウスは興味、知識、コミュニケーションをあらわします。

学んだり、書いたり、しゃべったり、そういった知的な刺激を求める場所です。

ちょっとした旅行や短距離の移動を意味することもあります。

気になることがあったら、すぐ現地に赴くようなフットワークの軽さがあるでしょう。

 

親しい人と深い愛情を交換できる

月と冥王星がソフトな角度をとっています。

愛情深く、親しい人に温かい気持ちを表現できます。

料理やハンドメイドなど、家庭的な活動も活発になりそうです。

 

spiricoでは毎日の占いを更新中。こちらもぜひご覧ください。

 

 

2018年のボイドタイム・月の満ち欠けカレンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*