双子座満月は感じ 表現し 味わう 2018.11.23 

unsplash-logoBryan Goff
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月23日、双子座の満月です。

今回の満月にはどんな意味があるのでしょうか。

この満月のテーマについて見てみましょう。

この時期は

  • 感じたことを言葉にして表現できる
  • 大切なものを身につけると気持ちが豊かになる
  • のんびりしがちな気持ちをうまくコントロールして吉

そんなタイミングになっていきそうです。

 

高い感受性を発揮してそれを表現できるとき

三日月の記号で表される月は、双子座にいます。

 

月は感受性やインスピレーション、繊細な感覚をあらわします。

個人的な興味や、隠された能力を示すこともあります。

 

双子座は、頭の回転が速く、表現力があります。

新しい情報をいち早く集めたり、コミュニケーション能力が高く表現力があったりします。

じっくりと話し込むと言うよりも、軽やかに雑談を交わすイメージ。

知識においても、今必要なこと、知りたいことをすぐインターネットで検索するような感じです。

風を読み、流れに乗るように、素早く変化を取り込んでいくのが双子座のテーマです。

 

双子座は二面性があると言われることが多く、気持ちが変わりやすい一面もあります。

月が双子座にあるということは、感受性が高く情報アンテナが高い状態です。なので、様々な情報を得てインスピレーションが沸く一方、情報によって気持ちが揺さぶられることもありそうです。

 

また、双子座の支配星は水星なので、

旅行にツキがあったり、商才に恵まれる場面もあるでしょう。

嬉しい知らせが届くこともあるかもしれません。

 

大切なものがあることが心の支えとなる

双子座の満月は、2ハウスにあります。

2ハウスはお金や所有にかんする場所です。不動産を表すこともあります。

手元にあるものを、実際に触って感じ取るようなイメージです。

自分が働いてコツコツ貯めていくお金についても表します。

 

月が2ハウスにあるとモノがある事の安心感を求める傾向があるようです。

肌触りの良いものや、高いけれども長く使えるものへの興味が湧いてくるかもしれません。

出費がかさまないように気をつけましょう。

 

心が広くおっとりしているとき

月と木星がハードな角度をとっています。

気持ちが広く、のんびりしている雰囲気です。

それが上手く働くときもありますが、チャンスを逃したり、人に頼りたくなったりしがちな面もあります。

いつも以上に行動力を高めるように心がけると良いでしょう。

逆に、動くのが辛いのであれば、今はゆっくりする時期だと決めてあえてのんびり過ごすのも作戦です。

 

spiricoでは毎日の占いを更新中。こちらもぜひご覧ください。

 

 

2018年のボイドタイム・月の満ち欠けカレンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*