穀雨の易占い 4/20〜5/4の運勢 春の終わり みどりが勢いよく育つとき

2021/4/20 5:33に二十四節季の穀雨(こくう)を迎えます。

西洋占星術では太陽が牡牛座に入りました。

恵みの雨が降り、植物や作物がどんどん成長する時期です。

八十八夜と呼ばれるお茶の収穫や田植えなど、農業イベントの多い時期と言えるでしょう。

二十四節季における春はここまでで、次の「立夏」で夏が始まります。

穀雨には「沢天夬」の卦が割り振られます。

青葉が勢いよく成長するさま、夏に向けてのラストスパートをイメージさせます。

穀雨の易占いをしてみませんか?

この下にランダムで占い結果が表示されています。
ページを再読み込みすると結果も変わります。

易は、人とのかかわりについて、社会との向き合い方について、具体的な足がかりをくれます。運気の変化を読み取るのも得意です。流れを味方につけて幸せにもう一歩近づきましょう。

あなたの占い結果はこちら

続きを読む

天風姤 思いがけないものと出合う

下の卦が巽(風)上の卦が乾(天)でできている卦です。

風はどこにでも柔軟に入り込む風、または木や種の象徴。

天はどこまでも広がる空、陽の気の象徴です。

陰陽の象徴の一つに「男女」があります。

陽が表す男性の集団に、陰が表す女性がひとり入り込んできた「紅一点」の卦として見ることができます。

男ばかりの集団に、ポツンと女性が入ってきた。

そういう女性は「男勝り」と言われたり、複数の男を手玉に取る「サークルクラッシャー」であると言われたりします。

元々そこに居た陽たちにとって、陰は異質な存在です。

今までの平和をかき乱す可能性を秘めていると同時に、

今まで見つけられなかったモノの発見、陽たちだけでは出来なかったことの芽生えをもたらします。

漫画や小説で、転校生や異星人が現れることで物語が始まるように、

異質なものとの出会いは、波乱ばかりではなく新しい可能性にも開かれています。

天風姤は夏至の卦

Photo by Élisabeth Joly on Unsplash

姤は、十二消息卦(じゅうにしょうそくか)という、季節を表す12の卦のうちの「五月」に配置されています。

旧暦の五月ですので、太陽暦でいう六月の半ば、夏至(6/21ごろ)からの約一ヶ月を指します。

夏至はもっとも昼の時間が長い日です。陰陽で例えると、陽がもっとも強い日と言えるでしょう。

なのに、全部が陽の「乾為天」ではなく、一番下に陰が滑り込んだ「天風姤」が夏至に当てられているのは興味深いところです。

これは個人的な考察になりますが、易では陰が重なると極まって陽に転じ、陽が重なると極まって陰に転じるという考え方があります。最高に良い状態の卦には、「これから下降することを念頭に置くように」という占い結果がでます。

このことから、もっとも陽が高まっているときには、すでに陰が潜んでいるのだ。そういう意味を持って、一番太陽が高くなる夏至に、5つの陽に1つの陰が滑り込む「天風姤」を当てたのではないでしょうか。

リーダーシップがあり柔軟な思考の人物

下にある卦が「心の中の自分」、上にある卦が「外に見せる自分」として考えたとき、

心は臨機応変で、社会的には堂々とリーダーシップをとる人物と読むことができるでしょう。

「天」の表すカリスマ性、積極性が「風」に乗って四方へと伝わります。

力強い様子のなかに優しい気持ち、自分とは違う考えも考慮に入れようとする柔軟性が見えて、良い評判が広がりやすい人です。

この性格がネガティブに表れると、内面が右往左往と迷ってばかりのため、それを悟られまいと他人に対して高圧的な態度を取る人物となります。こちらも風に乗って悪い評判は瞬く間に広がるでしょう。

人間関係でこの卦が出た場合は、柔軟な心を他者への理解に活用しましょう。

常に明るく大きな声と輝く笑顔を忘れないことです。謙虚さを忘れず、知らないことを知らないと言い、新しい出会いから吸収する姿勢を持つと吉。

思いがけないできごとを楽しむ余裕と警戒心のバランスが大切

この卦が出た方は、思いがけない出来事があるかもしれません。

ペースを乱されたり、自分のやり方が通用しなくなったりしてストレスを感じそうです。

しかしそれが、より良いやり方、自分では気付けなかった可能性への糸口ともなるでしょう。

また、新参者、テリトリーの外からひょっこりやってきた人から魅力的な誘いを受ける可能性もあります。

それは、あなたのバランスをかき乱し、陰の世界へと引っ張り込もうとする有害な人物かもしれません。ウマすぎる話、強力な魅力と出合ったら立ち止まる力も必要です。

複数の相手を手玉に取る恋愛のような、関わってもしょうがないことは、そうだと分かった時点で距離を取るのがスマートな解決方法です。

想定外の出来事を許容する懐の深さ、ウマい話への違和感、その両方に立ってものごとを見る力が開運のポイントです。

清明の易占い 4/4〜4/19の運勢 みずみずしい自然を楽しめるとき

2021/4/4 22:35に二十四節季の清明(せいめい)を迎えます。

動物や植物がイキイキと輝く季節です。

空気に潤いを感じ、春の爽やかさを楽しめるでしょう。

清明の易占いをしてみませんか?

この下にランダムで占い結果が表示されています。
ページを再読み込みすると結果も変わります。

易は、人とのかかわりについて、社会との向き合い方について、具体的な足がかりをくれます。運気の変化を読み取るのも得意です。流れを味方につけて幸せにもう一歩近づきましょう。

あなたの占い結果はこちら

続きを読む

タロット占い 2021年4月の恋愛運・仕事運・健康運

4月は、進学や就職で、環境がガラッと変わる方も多いのではないでしょうか。

そんなとき、幸せを探すきっかけに、占いを使って貰えたら幸いです。

タロット占いでちょっとしたヒントを得てみませんか?

下のタロット5枚の中から一枚を選んでください。それがあなたへのメッセージです。

1

2

3

4

5

続きを読む

乾為天 まっすぐに駆け上がる 満ち満ちる 

下も上もともに乾(天)でできている卦です。

天はどこまでも広がる空、陽の気の象徴

それが二重に重なっています。この卦自体が天を表します。

全体の陰陽を見ると、すべてが陽です。

易の64卦には順番があるのですが、この卦は天を表すことで一番最初の卦とされています。

全てが正しく、順調で、その状態が一定期間続くようすを表します。

積極的で正しいことが前提なので、行いが正しくないと、このスムーズな状態は訪れないとも読めるでしょう。

乾為天は小満の卦

Photo by Tunafish Mayonnaise on Unsplash

天は、十二消息卦(じゅうにしょうそくか)という、季節を表す12の卦のうちの「四月」に配置されています。

旧暦の四月ですので、太陽暦でいう五月の半ば、小満(5/21ごろ)からの約一ヶ月を指します。

青葉が茂り、生き物が賑やかに活動し、自然がイキイキと満ちてくる季節です。

衣替えの時期でもあり、夏を感じる日が多くなります。

突進するカリスマのような人物像

上にある卦が「外に見せる自分」、下にある卦が「心の中の自分」として考えたとき、

心の内外がともに(天)積極的な力で満たされている。と読めるでしょう。

自分の中にあふれている強いエネルギーは

自然と物事や人を動かし、自分を高めていきます。

創造的になり、結果を出すために高みを目指します。

一方で、特定の目標にまっしぐらなため、周りの人間に対する配慮は薄いかもしれません。

人間関係でこの卦が出た場合は、周りのことを考えるよりも、自己実現に絞って行動を起こすのが良いとき。他の人との交流は別の時期まで保留が良いでしょう。

最高の時はいつか終わると思うことが大切

この卦が出た方は、しばらく自分のやりたいこと、正しいと思うことを思いっきり実行できるでしょう。

すべてが陽の気で満ち、エネルギッシュで、阻むものがありません。

内なるエネルギーに突き動かされるようにめまぐるしく物事が進むかもしれません。

この卦が出ても、なかなか物事が上手く進まないときは、前提を見直してみましょう。

今の状況に対して相応しい目標や行動が取れたとき、障害はなくなります。

一方で、この状態は常に続くものでないことも考えておく必要があるでしょう。

創造的でエネルギッシュな今だからこそ、万が一の備えにもフットワーク軽く対応できます。

春分の易占い 3/20〜4/3の運勢 春の訪れ 太陽の出発点 

2021/3/20 18:37に二十四節季の春分(しゅんぶん)を迎えます。

西洋占星術では太陽が牡羊座に入りました。

昼と夜の長さがほぼ等しくなります。

この日以降、段々と昼が長くなっていきます。

地球から見た太陽の空の通り道(黄道)に、

地球の赤道を延長した線の交わる場所が春分点と秋分点があります。

春分点に太陽が来た瞬間が春分(秋分)です。

牡羊座の始点でもあり、

西洋占星術的には、ここがお正月、一年の始まりといった雰囲気があります。

春分には「雷天大壮」の卦が割り当てられています。

あたたかな太陽の勢いがますます強まっていく様子を表します。

春分の易占いをしてみませんか?

この下にランダムで占い結果が表示されています。
ページを再読み込みすると結果も変わります。

易は、人とのかかわりについて、社会との向き合い方について、具体的な足がかりをくれます。運気の変化を読み取るのも得意です。流れを味方につけて幸せにもう一歩近づきましょう。

あなたの占い結果はこちら

続きを読む

沢天夬 押しきる 決断する ひと思いにやる

下が乾(天)、上が兌(沢)でできている卦です。

天はどこまでも広がる空、陽の気の象徴

沢は泉や湖、朗らかな川のせせらぎのイメージです。

全体の陰陽を見ると、陰が1つ、陽が5つで陰が陽に追い立てられ消えそうになっています。

全てが陽になることをゴールだとすると、いよいよ最後の仕上げです。

最後の最後には難しい問題が残されているものです。油断せず、最後まで自分のやっていることの意味を問いながらの前進を求められます。

また、湖にあふれそうなほど水が溜まっている形とみて、決壊が目に見えている状態であるとします。

さらに、追い詰められた一人ぼっちの陰の立場を表すと見る場合もあります。

いずれも油断大敵のメッセージです。

沢天夬は穀雨の卦

unsplash-logoAaron Burden

夬は、十二消息卦(じゅうにしょうそくか)という、季節を表す12の卦のうちの「三月」に配置されています。

旧暦の三月ですので、太陽暦でいう4月の半ば、穀雨(4/20)からの約一ヶ月を指します。

字のとおり「穀物」を育てる「雨」が降り始めるときです。

日差しの暖かさもさらに強まり、穀物は蒔かれて成長をはじめます。

我が強くカジュアルな人物像

上にある沢の卦が「外に見せる自分」、下にある天の卦が「心の中の自分」として考えたとき、

人に対しては(沢)子供のように天真爛漫な姿で

心の内側は(天)積極的な力で満たされている。

自分の中に満たされている力を、子供のように表現するので

ビジネスや大人の付き合いにおいては、ワガママに思われたり、

わきまえない自己中心的な人だと思われがちです。

個性が尊ばれる場所や、自己主張を必要とする場面では輝ける可能性があります。

人間関係でこの卦が出た場合は、自分の意見ばかり主張して、相手をやっつけるような形になっていないか気をつけましょう。

自分が合っていると言い切らないことが突破口に

この卦が出た方は、思い通りに進んでいると感じるときこそ、見えない所につまづきの素がないか、慎重に見渡すことが大切です。

無意識のうちに、自分は合っている。間違っているのは周りだと感じられる時期です。その感覚を疑うことで新しい視点に開かれていきます。

仕事や目標があと少しで達成されそうなとき。

あと少しで終わると思うと、ともかくゴールまで行くことに気を取られて、クオリティがおろそかになりがちです。

穴を残しておくと後から戻ってやり直すことになるでしょう。

やると決めたなら、徹底的にしらみつぶしにやることで成功を得られます。

人間関係では、立ち止まって考えることも必要です。

自分のことばかり主張していないか、または反対に我慢しすぎていないか振り返ってみましょう。

このままの調子でいくと、我慢しきれなくなって感情が爆発するかもしれません。

上手く行っていると感じているならば、相手の話を真摯に聞く時間を取ってみましょう。思わぬ悩みを打ち明けられても、一旦は受け入れようとすることで道が開けます。

我慢がしんどくなってきた方は、なるべく早く相手に気持ちを伝えることで、両方が自然体になるきっかけを作れるでしょう。

啓蟄の易占い 3/5〜3/19の運勢 草花や虫がイキイキと活動を始める

2021/3/5 17:54に二十四節季の啓蟄(けいちつ)を迎えます。

春のうららかさが強まり、土が温まることで

春の虫たちが活動を始める季節です。

桃や菜の花も咲き、視覚的にも春を実感できるでしょう。

啓蟄の易占いをしてみませんか?

この下にランダムで占い結果が表示されています。
ページを再読み込みすると結果も変わります。

易は、人とのかかわりについて、社会との向き合い方について、具体的な足がかりをくれます。運気の変化を読み取るのも得意です。流れを味方につけて幸せにもう一歩近づきましょう。

あなたの占い結果はこちら

続きを読む