坤上

地雷復の意味 一陽来復 かえってくる 運気上昇の折り返し地点 十二消息卦のうち冬至の卦 

下の卦と上の卦が坤(地)でできている卦です。

地はどっしりと全てを包み込む大地、陰の気の象徴です。

雷は勢いよく進むエネルギー、竜で例えられることもある力強い象徴です。

十二消息卦の順番では、全てが陰の気でできている「坤為地」の次にあたります。

陰の極みである坤為地の状況の中に、一番下から陽が帰ってきた様子と考えられます。

一番下なのでパワーは一番弱いのですが、ここから運気の流れが変わるターニングポイントと言えるでしょう。

このあと陽がどんどんと上へ伸びていくことになります。

地雷復は冬至の卦

unsplash-logoJohannes Plenio

坤は、十二消息卦(じゅうにしょうそくか)という、季節を表す12の卦のうちの「十一月」に配置されています。

旧暦の十一月ですので、現在でいう十二月の半ば、冬至(12/22ごろ)からの約一ヶ月を指します。

冬至は一年のうち昼間がもっとも短く、夜が長くなる日です。

冬至を過ぎると再び昼間の時間が長くなってくるので

冬至が一番太陽の力が弱まる瞬間であり、ここを過ぎてからは運気が上り調子になるという考え方もあります。

勢いを秘めた穏やかな人物

下にある卦が「心の中の自分」、上にある卦が「外に見せる自分」として考えたとき、

心の中にはエネルギーの芽生えがあり、対外的には全てを受容する人物と読めます。

自分の中に能動的な勢いやエネルギーがありますが、それをワガママに貫き通そうとはしません。

周りに合わせることを知っているので、自分のパワーをどう表現していけば良いのか判断できる人です。

ルールや周りの空気に沿って動き、その中で自己実現を成し遂げます。

自然と仲間が集まり、彼らと共によりよい結果を目指せるでしょう。

回復の兆し ものごとを受け入れ、従えば吉

占いでこの結果が出た人は、状況はよりよくなると期待できるときです。

行き詰まりを感じていたことに微かな希望を見いだしたり、

辛いことはいつまでも続かないのだという実感がもてたりするでしょう。

自分に主導権が渡ってくるのを感じたときは、

周りの空気を見ながら、仲間を集めるのに良いとき。

いきなり大きく仕掛けるのではなく、状況の流れに従うことで上昇気流に乗れるでしょう。

坤為地の意味 大地の包容力 人に従うこと 十二消息卦のうち小雪の卦 

下の卦と上の卦が坤(地)でできている卦です。

地はどっしりと全てを包み込む大地、陰の気の象徴です。

二つ重なることで、意味がより強まります。

陰は従順な性質があるとされています。

この卦は、人に従うこと、穏やかに生活することを吉とします。

人を受け入れ従えるのは、心の器の大きさ、包容力のある人間である証です。

坤為地は小雪の卦

Photo by Aleksei Ieshkin on Unsplash

坤は、十二消息卦(じゅうにしょうそくか)という、季節を表す12の卦のうちの「十月」に配置されています。

旧暦の十月ですので、現在でいう十一月の半ば、小雪(11/22ごろ)からの約一ヶ月を指します。

「寒くなって雨が雪に変わる季節」と言われています。チラホラと雪を見ることもあるかもしれません。

木の葉が散って、北風が肌寒くなってきます。

人に従い、よい出会いを得る。人の意見を受け入れる人物

下にある卦が「心の中の自分」、上にある卦が「外に見せる自分」として考えたとき、

心身共に安定し、全てを受容する人物と読めます。

自分ひとりで新しい道を切り開くよりも、

誰かに従ったり、状況に合わせて行動していくのに向いている人物です。

そうしているうちに、良い指導者に恵まれたり、自分を伸ばせる環境にたどり着けます。

また、包容力のある態度でものごとを受け入れれば、自分をよりおおきくできます。

ものごとを受け入れ、従えば吉

占いでこの卦が出た場合は、穏やかに状況に従って行動してみましょう。

先頭に立ってみんなを引っ張っていくよりも、

周りに従うことによって、多くのものを手に入れ、成長できるときです。

普段は食わず嫌いなものも、今ならチャレンジできるかもしれません。

自分からは選び取らないようなものを周りから提案されたときはチャンスです。

あなたの可能性を広げるためにも、与えられたものを受け入れ、人に従ってみましょう。

地天泰 陰陽が交わりバランスが整う

上が坤(地)、下が乾(天)でできている卦です。

地はどっしりと全てを包み込む大地、陰の気の象徴。

天はどこまでも広がる空、陽の気の象徴です。

Yin Yang - Symbol

地が上で、天が下なのは不思議におもわれるかもしれませんが、

上に上がる性質の陽の気が下にあり、下に下がる性質の陰の気が上にあることで

バランス良く循環している理想の状態であると考えられます。

陰と陽はバランスが取れていることが望ましいという考え方があります。

地天泰は春の訪れの卦

Photo by Renee Fisher on Unsplash

この卦は、十二消息卦(じゅうにしょうそくか)という、季節を表す12の卦のうちの「一月」に配置されています。

旧暦の1月ですので、太陽暦でいう2月の半ばです。

十二支を一年に割り振ったとき「寅」が入る季節です。

「寅」は五行のうちの「木」が始まるところ、春の訪れを象徴します。

陰と陽がバランス良く交わり、春からまた新しい一年が始まります。

心は強く、人には優しい人格者の象徴

上にある地の卦が「外に見せる自分」、下にある天の卦が「心の中の自分」として考えたとき、

心の内側には、ポジティブで積極的、エネルギッシュな気持ちがある。

人に対しては物腰優しく、相手を受け入れる気持ちがある。

いわゆる人格者としての「君子」の出で立ちを表します。

エネルギーが満ち、良い人間関係がはぐくまれる

この卦が出た方は、新しい年を迎えたときのように、

希望に満ちて新しい目標を立て、将来に向かって前向きに進んでいけるでしょう。

やりたいこと・実現したいアイデアが春の新芽のように湧き上がってきます。

心の中に強いエネルギーがありながらも、意見をまわりに押しつけず、協調して進んでいけるでしょう。

だからこそ人気が集まり、さらに未来は開けていきます。

人と交わることでさらに望ましい状態が訪れるでしょう。

人間関係や恋愛でこの卦がでたら、素晴らしい結果となります。

お互いの足りないところを補い合えるベストパートナーとなるでしょう。

小さくまとまっていると、だんだん旗色は悪くなります。

賢く優しい賢者を目指して生活することで、この卦を活かしていきましょう。

地風升 スクスクと成長する まわりのサポートあってのあなたです

上が坤(地)、下が巽(風)でできている卦です。

地はどっしりと全てを包み込む大地の象徴。

風はどこにでも柔軟に入り込む風、または木や種の象徴です。

この卦は土の下に大樹の種(どんぐり)がある様子をイメージできるでしょう。

地も風も、自分でグイグイ進んでいくと言うよりも、

まわりや相手の状況に応じる「陰」の卦です。

また、陰と陽はバランスが取れていることが望ましく、

下から2番目の陽、下から5番目の陰(それぞれの真ん中の棒)が陰陽のペアになっているので、バランスの良い卦と言えます。

上にある地が「まわりの環境」下にある風が「自分」として見ることも出来ます。

あなたには大樹になるほどの素晴らしい可能性があります。

しかし今は土の中の種であり、その才能はこれから育っていくと言えるでしょう。

種の生長のために栄養や水を運ぶ土のように、周囲はあなたをサポートします。

どんなに素晴らしい可能性を秘めているとしても、良い環境ナシに成長は望めません。

どんぐりがアスファルトの上に落ちていても、芽が出ないのと一緒です。

だからこそよい先輩を得て、その人からの教えを謙虚に吸収していきましょう。

上昇気流に乗るように、あなたはぐんぐんと成長していけるはずです。