ミシェル・ビュトール著『心変わり』に出てきた場所まとめ グーグルストリートビューで紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミシェル・ビュトール『心変わり』は一風変わった小説です。

ともかく具体的で徹底的に写実的です。

固有名詞も沢山出てきますので、その場所を知っていないとまったくイメージが湧かないことも。

でも現在はグーグルストリートビューが使える良い時代になりました。

1957年の作品ですが、パリやローマには描写されたのとまったく同じ景色が残っている場所もあります。

私が見つけた『心変わり』に出てくる景色をグーグルストリートビューでご紹介します。

※小説での登場順に掲載、随時更新です。

主人公の住居パンテオン広場15番地。ぐるっと景色を回すと、パンテオンの目の前なのが分かります。

タクシーから見たソルボンヌの広場(奥に教会)

背教者ユリアヌス帝の公共浴場

葡萄酒倉庫 現在はパリ第6大学になって面影は見られません。

植物園の鉄格子

オーステルリッツ橋ごしにノートルダムが見えるかな?

主人公の事務所

エゼードラ公園の噴水

クィリナーレ・ホテル

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂

ヴェネツィア館

ジェズ教会

サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会

セシルの家。「見えにくいパドヴァの聖アントニウス像」が小説の記述通り門の上にあります。

ラルゴ・アルジェンティーナ。Largo di Torre Argentina(トッレ・アルジェンティーナ公園)

現在もタクシー乗り場があります。

ファルネーゼ館。フランスの国旗が飾ってありますね。現役でフランス大使館です。

コルソ街 ドリア館向かい 現在は銀行ではないようです。

リソルジメント広場のバス停。

ヴァチカン美術館内部です。本文では「古代彫刻がだらだらと」並んでいると評されています。

システィーナ礼拝堂

ナヴォナ広場

リストランテ・トレ・スカリー二

セシルの家ちかくのピザ屋(推定)

サン・ルイ島のカフェ(推定)

ノートル=ダムが見えるバス停

パレ・ロワイヤル庭園前バス停

ジャンヌダルク騎馬像

テュイルリー宮邸の「カインの息子たち」

カルーゼル凱旋門側からエトワール凱旋門とオベリスクを望む

パンニーニの絵『Picture Gallery with Views of Ancient Rome Roma Antica』

https://www.meisterdrucke.jp/fine-art-prints/Giovanni-Paolo-Pannini/799041/Picture-Gallery-with-Views-of-Ancient-Rome-Roma-Antica.html

パンニーニの絵『Picture Gallery with Views of Modern Rome』

https://www.meisterdrucke.jp/fine-art-prints/Giovanni-Paolo-Pannini/10391/Picture-Gallery-with-Views-of-Modern-Rome.html

リシュリュー通りで食事(推定)このあたりは現在、日本人街になっている様子。

コーマルタン通りのバー(推定)

マドレーヌ駅前のマドレーヌ広場

オデオン駅前

パンテオン横のルソー像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*