書評

ミシェル・ビュトール著『心変わり』に出てきた場所まとめ グーグルストリートビューで紹介

ミシェル・ビュトール『心変わり』は一風変わった小説です。

ともかく具体的で徹底的に写実的です。

固有名詞も沢山出てきますので、その場所を知っていないとまったくイメージが湧かないことも。

でも現在はグーグルストリートビューが使える良い時代になりました。

1957年の作品ですが、パリやローマには描写されたのとまったく同じ景色が残っている場所もあります。

私が見つけた『心変わり』に出てくる景色をグーグルストリートビューでご紹介します。

※小説での登場順に掲載、随時更新です。

続きを読む

本のバックグラウンドを知りより豊かな読書体験を『読書で賢く生きる』

『読書で賢く生きる。』 ビジネス書について書かれた本ですが、 スピリチュアルについて興味のある方にも、きっと、良い本を探すヒントになってくれる内容です。 なぜなら、これは、とんでもない本を掴まされないためにはどうしたらいいのか とんでもない本かどうかを見極めるにはどうしたらいいのかが、 とてもわかりやすく書かれているからです。 続きを読む

表現する全ての人に勇気を与える『ベッカー先生の論文教室』

小学生の夏休みに、子供と父親のペアで北海道旅行に行くイベントがありました。私は運良く当選して、初めての船の旅と北海道の自然を楽しみました。 北海道から帰るとき、ミルクキャンディーを4,5袋お土産に買いました。子どもの小遣いからクラス全員にお土産を買うのは難しく、一粒ずつでも喜んでくれるだろうと自分なりに考えた結果でした。 夏休み中の登校日にそれを持って行きました。しかし、もう1人同じイベントに参加したクラスメイトは全員に立派なクッキーを配っていたのでした。私は急に、自分の買った1人一粒ぽっちのミルクキャンディーが恥ずかしくなって、配れなくなってしまいました。 続きを読む