占いの技法

地天泰 陰陽が交わりバランスが整う

上が坤(地)、下が乾(天)でできている卦です。

地はどっしりと全てを包み込む大地、陰の気の象徴。

天はどこまでも広がる空、陽の気の象徴です。

Yin Yang - Symbol

地が上で、天が下なのは不思議におもわれるかもしれませんが、

上に上がる性質の陽の気が下にあり、下に下がる性質の陰の気が上にあることで

バランス良く循環している理想の状態であると考えられます。

陰と陽はバランスが取れていることが望ましいという考え方があります。

地天泰はお正月の卦

xina_19

この卦は、十二消息卦(じゅうにしょうそくか)という、季節を表す12の卦のうちの「一月」に配置されています。

旧暦の1月ですので、太陽暦でいう2月の半ば、旧正月あたりを指します。

陰と陽がバランス良く交わり、一年の始まりを象徴する卦と言えるでしょう。

心は強く、人には優しい人格者の象徴

上にある地の卦が「外に見せる自分」、下にある天の卦が「心の中の自分」として考えたとき、

心の内側には、ポジティブで積極的、エネルギッシュな気持ちがある。

人に対しては物腰優しく、相手を受け入れる気持ちがある。

いわゆる人格者としての「君子」の出で立ちを表します。

エネルギーが満ち、良い人間関係がはぐくまれる

この卦が出た方は、新しい年を迎えたときのように、

希望に満ちて新しい目標を立て、将来に向かって前向きに進んでいけるでしょう。

やりたいこと・実現したいアイデアが春の新芽のように湧き上がってきます。

心の中に強いエネルギーがありながらも、意見をまわりに押しつけず、協調して進んでいけるでしょう。

だからこそ人気が集まり、さらに未来は開けていきます。

人と交わることでさらに望ましい状態が訪れるでしょう。

人間関係や恋愛でこの卦がでたら、素晴らしい結果となります。

お互いの足りないところを補い合えるベストパートナーとなるでしょう。

小さくまとまっていると、だんだん旗色は悪くなります。

賢く優しい賢者を目指して生活することで、この卦を活かしていきましょう。

地風升 スクスクと成長する まわりのサポートあってのあなたです

上が坤(地)、下が巽(風)でできている卦です。

地はどっしりと全てを包み込む大地の象徴。

風はどこにでも柔軟に入り込む風、または木や種の象徴です。

この卦は土の下に大樹の種(どんぐり)がある様子をイメージできるでしょう。

地も風も、自分でグイグイ進んでいくと言うよりも、

まわりや相手の状況に応じる「陰」の卦です。

また、陰と陽はバランスが取れていることが望ましく、

下から2番目の陽、下から5番目の陰(それぞれの真ん中の棒)が陰陽のペアになっているので、バランスの良い卦と言えます。

上にある地が「まわりの環境」下にある風が「自分」として見ることも出来ます。

あなたには大樹になるほどの素晴らしい可能性があります。

しかし今は土の中の種であり、その才能はこれから育っていくと言えるでしょう。

種の生長のために栄養や水を運ぶ土のように、周囲はあなたをサポートします。

どんなに素晴らしい可能性を秘めているとしても、良い環境ナシに成長は望めません。

どんぐりがアスファルトの上に落ちていても、芽が出ないのと一緒です。

だからこそよい先輩を得て、その人からの教えを謙虚に吸収していきましょう。

上昇気流に乗るように、あなたはぐんぐんと成長していけるはずです。

占いで悪い結果が出ても落ち込まないで大丈夫! 結果を活用して幸運を掴もう

対面鑑定やウェブ占いで悪い結果が出ても心配しないで!自分で幸運を掴める!

タイトルのとおり、占いで悪い結果が出ても大丈夫だよという話をしたいと思います。

勇気を出して受けた占いや、雑誌の占いページなどで嫌な気持ちになった経験のある方もいらっしゃると思います。それは本当に残念でしたね。かえって嫌な気持ちになって終わるのは悲しいです。

嫌な結果の占いでも活かして開運する方法があります。占いでショックを受けて、占いを楽しむのを辞めてしまった人でも、切り口によっては占いって活かせるよ。という話をします。

悪い結果といっても色んなバージョンがあると思います。それぞれの対処の方法を説明します。最後に、悪い結果から幸運を掴むために大切なことをお伝えしようと思います。

夢占いの歴史をひもとく『夢の王国/夢占い事典』M.ポングラチュ

どんな人でも見ているのに、謎に満ちあふれているのが夢です。

小さな時に限らず大人になっても、夢のおかげで幸せな気持ちになったり、恐怖で目が覚めることがあります。

そんな身近な不思議「夢」

夢占いの本は沢山ありますが、夢占いの歴史に注目した本は少ないのではないでしょうか。

そんな貴重な本がM.ポングラチュ著『夢の王国/夢占い事典』です。

現在は絶版ですが、古本で安価にに入手できます。

エジプトのパピルスからユング心理学まで 夢占いをテーマにひもとく

続きを読む

カップの2の意味 心が通い合う

タロットカードの小アルカナのうち、カップの2について思うところを書いていきます。

カードの絵柄はこちら

Two Of Cups

男女が向かい合って杯を持っています。

頭上には羽の生えたライオンの頭が浮いています。

後ろに見える丘の上には森に隠れるようにして小さな家があるようです。

目と目で通じあう関係

A couple drinking wine

男女が杯を持って向き合っているシチュエーションといえば、デートが思い浮かびます。

描かれている人物は、2人とも口を閉じています。

グラスを傾けながら向かい合っているときは、何も語らなくても気持ちが通じ合うものかもしれません。

2人の持つ杯の高さはほぼ一緒です。

飲み会の席などで、目下の人は目上の人よりもグラスを下げて乾杯することがあります。

同じ高さに掲げた杯は、「同じ目線」「平等」を表現しているようです。

杯は手渡される? 奪われる?

https://www.flickr.com/photos/numerologysign/46097699781/in/photolist-9Dp2ZW-23c8VqZ-2deuL8g-8P8oFL-2e8vizy-2ebDEFh

右側の男性は、女性の杯に手を伸ばしています。

これは、杯を女性に手渡した直後のシーンでしょうか。

それとも、女性の手から杯を受け取る直前のシーンでしょうか。

どちらにしろ、自分のものを相手に捧げるというイメージが湧いてきます。

2人の愛を表現する空に浮かぶキメラ

chimera, venezia e il suo simbolo

宙に浮かんでいる、真っ赤なライオンはどのような意味でしょうか。

ライオンや色について、錬金術的な意味で説明することも出来ると思います。

ここではあえてそれはしません。

ライオンは普通羽は付いていませんし、頭だけで生きたりもしません。

これは一体どんな生き物でしょうか。

地上で一番強い「百獣の王」ライオンと、空で一番強い「鳥の王者」ワシがくっついているようにも見えます。

愛は全てに打ち勝つほど強い! という表現なのか。

心が通い合うことは、想像できないような何かを生み出すパワーを持っているということなのか。

赤い色は情熱的なふたりの気持ちを表現しているようです。

ライオンのシルエットは横長のハートにも見えます。

与えることから始まる愛

カップを一方へ差し出そうとしている男女は、

心の交流とは、まず自分から与えることだと訴えているようです。

この2人は強く結ばれ、将来的に家庭を持つのかもしれません。

遠くに見える丘の上の家は、それを暗示しているようです。

タロットをもっと深く読み取るコツとヒント

タロットカードは、本に書いてある意味を当てはめるだけではなく、カードの流れを読むことが大切です。

その場に置かれているカードから感じるインスピレーションを大切にしましょう。

そういう人も、本もたくさんあるけれども、実際にどうやればいいのか? 悩んだり、行き詰まる方も多いのではないでしょうか。

本に書いてあるカードの意味を自分なりに解釈し直して、タロットカードから受ける「感じ」を大切にする。そして、さらに占いを楽しむヒントを書いていこうと思います。

五感を使ってカードを読み解く

続きを読む